結婚、恋愛、もてる、出会のテクニックと悩み解決方法の紹介 My Yahoo!に追加

別れる事になった時の心がまえ(2)

別れる時になったら、ここでめめしくいつまでも

未練がましく迫れば、さらに嫌われます。

ましてやストーカーまがいのような事はしてはだめです。

私の知り合いのなかにもこれと近いような行動をした

男がいましたが、気持ちはわかりますが見ていても

見苦しい。

相手の女性にますます嫌われてしまいます。

「あ〜あ、やっぱ、別れてよかった」

と言う気持ちに拍車を掛けるだけです。

それよりも。自分に非があればそれを認めてスーっと引いた

方が男らしく、逆にカッコよく感じるものです、

たとえわかれても

「別れないほうがよかったのかな?」

なんて、相手の女性は、ひょっとして思っているかもしれませんが

まっ、それは期待せずに、スーっと引くことです。

別れる時は 今まで付き合ってくれて感謝しているくらいの

事を言えればベストですが。

間違っても悪態を突いたり、ストーカーまがいの事はしないように

これは若い時の初めての恋愛をした男性あたりが起こしてしまう

過ちです。

そしてその後どうしても別れた彼女ともう一度復縁して会ってみたいと

言う、思いが残るのでしたら、このような方法を試してみてください。
     ↓       ↓       ↓

復縁マニュアル 別れた恋人とヨリを戻す方法


■恋愛と結婚の悩み・ズバリ!まかせなサイトのトップへもどる



posted by ミスター ダン at 01:16 | 失恋と別れ

別れる事になった時の心がまえ(1)

さて付き合う事のできる相手でもしばらくデートを

したりして、うまく行きそうだと思っても、突如として

別れる時が来る場合があります。

わたしの友人H君もかつてはお見合い相手でお付き合い

していた女性がいました。

わたしも、これはもう結婚できるのではないかと期待

していたのですが、ある日、別れる事になってしまった

ようでした、原因はよくわかりません、彼H君は真面目な

男でしたのに、かなり落ち込んでいました。

さて、こんな時はどうするか、もし相手の女性、もしくは

彼女から別れてくれと言われたら、

どうして?とかなぜ?等と問い詰めないほういが良い。

もし別れる原因を聞かされても、それを承諾してその場は

あっさり別れてあげましょう。

えっ、そんなにあっさりと言っていいの?

と、思われるかもしれませんが、別れ際でうじうじしているとかえって嫌われてしまいます

つらい心境ではあるとおもいますが、ここはまず、あっさり別れてあげることで

あなたの男らしさをアピールしておきます、そしてその後どうしてもその別れた彼女と

復縁したいとおもうのでしたら、こんな方法でためしてみてください
         ↓      ↓      ↓

復縁マニュアル 別れた恋人とヨリを戻す方法


■恋愛と結婚の悩み・ズバリ!まかせなサイトのトップへもどる



posted by ミスター ダン at 01:12 | 失恋と別れ

恋愛していて別れる時が来たら

恋愛期間中はウキウキ、ワクワクのハッピー期間でありますが

何かのきっかけ、原因で別れなければならない時があります。

人生とは出会いと別れが常にありますので、出会って恋愛しても

やがて別れる時が来た時。

別れる時とは相手の方から別れてくれとか、なんとなく気まずく

なって別れなければいけない様な状況になった時。

もっとも、恋愛と言う恋人関係の付き合いまで行ってない段階でも

別れなくてはいけない時もありますが。

しかし、相手の事を好きであればあるほど別れる時は傷つくことに

なります、とくに恋愛期間が長ければそんなに簡単に割り切って

別れられるものではありません。

恋愛は出会いもむずかしいですが、別れる時はもっとむずかしい

かもしれません、とくに夫婦生活を長くしていた後の離婚という

別れは結婚以上にむずかしいものです。

ただ言える事は、相手の女性が別れてほしいと言ってきたら、

とやかく、何でかを問い詰めたり、愚図ったりしないほうがいいです。

別れる時があなたが男であれば、男として毅然とした態度をみせた方が

いいですね。

しばらく時間をおいてどうしても別れた恋人とともう一度会いたいというのであれば

こんな方法もあります ↓    ↓    ↓

復縁マニュアル 別れた恋人とヨリを戻す方法


■恋愛と結婚の悩み・ズバリ!まかせなサイトのトップへもどる

posted by ミスター ダン at 01:06 | 失恋と別れ
結婚、恋愛、もてる、出会のテクニックと悩み解決方法の紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。